温泉天国さくら湯  芦ノ牧新湯  芦ノ牧温泉郷  会津観光  釣り情報  湯治湯  散歩道 アクセス お問合せ  温泉ソムリエブログ


 
芦ノ牧温泉
(あしのまきおんせん)は、福島県会津若松市
(旧国陸奥国明治以降は岩代国)にある温泉。「会津芦ノ牧温泉」と呼ばれることも多い

所在地:福島県会津若松市
交通:鉄道:会津鉄道芦ノ牧温泉駅より会津バスで約15分
泉質 塩化物泉単純温泉 泉温(摂氏) 60 ℃

阿賀川を見下ろす高台、国道118号が阿賀川を横断する辺りに温泉街が広がる。
旅館は14軒存在する。共同浴場などはなく、日帰り入浴は旅館の日帰り受付を利用することになる。温泉街の中心部には足湯が存在する。また、子宝に恵まれるとされることから、金精様を祀った精神社があり、その前にも足湯が存在する。


温泉街周辺の自然を楽しめる散策路も整備されている。

開湯は1200年前とされる。開湯伝説によれば、行基による発見とされる。異説として、弘法大師による発見説もある。
温泉名の由来は、後に蘆名氏の牧場がこの近くに作られたことに由来する説と、温泉街を流れる大川が渦を巻いていたことに由来する説がある。
江戸時代になっても近隣の人が利用するのみの温泉であったが、明治35年に温泉地に道路が開通したことにより温泉地としての発展を見せていった。




天井の樋から天然温泉

風情溢れる露天風呂。露天風呂は、湯あたりがなく頭寒芯温(身体の芯から温まり脳内さっぱり)で快適な温泉保養ができます。
                           












硫酸塩泉泉温は55度から60度
高温泉ですから、体の芯まで温まり、関節塩。神経痛などに効果があります。




秋の磐梯吾妻スカイライン 会津猪苗代観光 哀愁の只見川架橋 会津戸の口古戦場 
南部蝉しぐれ会津編浜路しぶき氷街道


 福島の旅 取材記者:yoshio.w 




大浴場は湯気を吸うことによって、心肺機能が活発になり、体の活性が戻ります。


















「會津の味わい」会津湯治宿ならではの、女将の手料理です。
郷土の産品を基本として調理しています。
    

★新湯宿泊予約 https://hotel.travel.rakuten.co.jp/hinfo/42011/
立ち寄り湯入浴時間
料金:大人:650  小学生:300 小学生未満:0
利用時間:12:00~15:00。

新湯ご利用案内:【お食事】一泊二食付き
素泊まり。朝食付き。
お食事無しでの宿泊も対応させて戴きます。
(要事前相談)
部屋食にも対応させていただきます。(要事前相談)
【施設内容】:収容人数44名 総客室数:12部屋 和室(全室トイレ付)
チェックイン時間:15:00~チェックアウト時間:10:00
無料駐車場:有
【サービス内容一覧】
温泉:源泉かけ流し、足し湯や加熱循環は一切しておりません。
露天風呂:男女各1ヶ所。浴場利用:深夜0:00まで。
一人宿泊:平日のみ可。
芦ノ牧温泉駅まで送迎あり。16:30、10:00
の1日2往復。
予約時にお申し付け下さい。